馬好きのひとりごと

日々の小さな幸せを探しながら綴ります

牧場見学 ~雑話

アロースタッドに続いて向かったのは・・・スープカレーのお店。笑。

腹が減っては戦は出来ぬと言いますからね~。

トイレにも行きたいしね。

この北海道の旅で得た教訓ですが「見つけたコンビニとガソリンスタンドにはとりあえず寄っておけ」です。

私が住む所も決して都会とは言えない田舎ですが、それでも車を5分走らせればコンビニの1つや2つはありますし、人々の足となるのは公共交通機関ではなくマイカーなので、ガソリンスタンドもそこらじゅうにあります。

しかし、北海道の田舎にはコンビニ以上にスーパーも無い!のですから、見つけたら寄ったほうが良い。トイレ休憩と水分補給、大事です。

また、ガソリンスタンドは、数はそこそこありますが、おそろしく閉まるのが早い。日曜休み。などなど、私の常識が通用しなかった。

事前情報を教えてもらっていたから早めに行動出来たけど、知らなかったら「こんなにGSあるのにどこも開いてない!」と慌てるところでした。

お世話になったS様、本当にありがとうございました。

のんびり更新しすぎて記憶が曖昧になってきました。ヤバいっ。汗。

 

初めてのスープカレーはとても美味でした。

しかし、第一印象は「食べ方が、良くわからん」でした。笑。

とりあえず、野菜を先に食べてからのスープをかけてご飯をいただく感じでしょうか。

スープがしっかり染みるよう、少し水分量を減らしたごはんの炊き方が絶妙でした。

野菜もたくさんなので、野菜嫌いな人でもこれなら野菜もしっかり摂れますね~。

また食べたい^^

 

腹ごしらえをした後は、私にとって特別な特別な牧場へと伺いました。

S様のお力で特別にお邪魔をさせていただき、私にとって特別なあの子が元気にしている姿を見れて、感無量でした。

また会いに来れるかなぁ~。会えたらいいなぁ。

こちらはとても管理が行き届いた牧場でした。

こんなに手入れの行き届いた牧場で管理される馬たちですから、幸せに違いありません。頭数は少ないですが、だからこそ大事に大事に管理されていることが伝わってきてきました。

この牧場で産まれた子たちが、ターフを力強く走る姿り、G1で勝ってくれることを夢見て待ちたいと思いました。

ここでは牧場の猫ちゃんが、車の開いていた窓から車内に侵入してくつろいでいる、という珍事も発生し、なかなか和みました。笑。

でも、自ら出てくれたからよかったけれど、気づかずに連れて帰った可能性も無きにしも非ずなのですよね。自ら出てくれて本当に良かった(・・;

 

 私にとってのメインイベントは終了しましたが、牧場巡りはまだまだ続きます。

次の牧場では、うっかり虜になってしまったサミットストーンに出会いますよ~。

新しい出会いって、良いものですね(^^*

 

 

初・副作用

牧場巡りの続きも書かず、日頃の雑記ばかりに綴っております。

牧場巡りを楽しみにされているお方(多分いないでしょうけれど。笑)申し訳ない限りです。

まぁ、ほぼ訪問者のない僻地ブログなので管理人の忘備録としてがメインなので、そこはお許しを~。

 

さて、今回は私が体験した副作用の話です。

そう、薬を飲んでどうにかなると言うアレです。

(いつも通り面白くもないのに長い文章です、と前置きしておきますね。笑。)

 

アレルギー持ちにとって厄介な季節と言えば春と秋。この季節の変わり目が特に厄介でいろんな物が飛んでいるのですよ、本当に・・・。

で、今年の秋も(あの猛暑が嘘のように、いともあっさり秋が訪れてしまったので拍子抜けしていますが)アレルギーによる鼻炎から喉を痛めてしまいました。

いつも鼻→喉なんですよね~。

基本的に病院が嫌いなので、なるべく自分で治すたちなのですが(医療費減に貢献している自負がある)さすがに声が出ないと仕事にならない・・・。

いやもう、ビックリしました。喉が痛いとは思っていましたが、こんなにも突然、声が出なくなることってあるんですね。

本当に驚いた~。それくらい、全く声が出ないの。

周囲の優しい同僚たちが勤務中の電話対応を引き受けてくれたことに感謝しつつ、定時で切り上げ耳鼻科へ。

耳鼻科なんていかないし、そもそも専門医って18時終了ばかりで間に合わない。

それでもなんとか18時半終了の耳鼻科を見つけて飛び込み、喉と声帯の状態を確かめられ、私でも処方できるんじゃ?って思わなくもない「抗菌薬と痛み止め」をもらって帰りました。

 

いよいよ食後はお薬の時間。薬は「1回1錠」が私の中の常識だったので「1回1錠」と書かれているものを飲んだら、痛み止めでした・・・。

あれ?と思いよくよく見ると、抗菌薬のほうには「1日1回2錠」とある。←この時点で残念な患者に数えられそうではあるが、飲み合わせの悪い痛み止めは出さないだろうし、どちらを先に、などと言う注意は無かったので良しとする。

「1日1回」。。。2錠の飲むとはいえ1回でいいならば、そこそこ強い抗菌薬じゃないの?と訝しむも、素直に2錠を服用。

するとどうでしょう、1時間もせずに猛烈なだるさと火照りに見舞われました。

がしかし、これまで薬の副作用経験のない私は「声も出なかったし無理してたのかも。さすがに疲れが出たね」程度で、ゆっくりすればいいや~くらいの気持ちでした。

ですが、だるいだけではなく猛烈な寒気まで襲ってきました。

そんな中でも容赦ない愛猫の「散歩連れていけアピール」

こういう時、犬なら察してそっとしておいてくれるのに・・・と亡き愛犬への想いを巡らせている間にも「ナーナーナーナー」「ヴィニャ~!!」と愛猫か鳴き叫ぶわけですよ。泣。

寒いので上着を羽織、重い体を引きずるようにして散歩に行くも、寒いわだるいわで耐えられずに5分で退散。

それでも何とか納得してくれたのは愛猫の優しさでしょうか・・・。

そして、普段から医者知らずの私は、ここでも己の体調不良と思い込み、副作用などとは微塵も思っていないので、あろうことかシャワーまで浴びる始末。苦笑。

体を洗いながらも歯をガチガチ鳴らすほど寒かったので、流石に髪を洗う余裕はなく撤収→早めに就寝→猫に起こされる→寝る→猫に起こされる→ようやく本当に就寝。

寝不足もあり、翌朝の体調最悪。

昨日まで、声は出ずとも食欲だけはあったのに、それすら減退。

それでも何とかパンを喉に押し込み、再度服用。だって副作用だと思っていないから・・・。

まぁこんな状態なので、出勤しても戦力外。

だるい、眠い、声でない、の三重苦。(==)

何のために出勤したのか分からない状態ながらもボチボチ仕事をこなす。電話以外で。

すると昼過ぎに、お隣さんより「肌荒れしてるよ」と一言。

そんな自覚などない私は、頬などに触れてみるも違和感ないので、鏡を出して己の顔を見てみると・・・なんと頬を中心に顎や首、目の周りに小さな無数の赤い斑点が出ているではありませんか。

なんじゃこりゃーーー(´Д`;

 ここでようやく私の中に「あれ?もしかしてこれが副作用??」←おそっっ。今なら私も、己に突っ込みたいです。

 

そう、副作用だったのです。

処方されたジェニナック(ジェネリックじゃないよ)の副作用ページを開いたら、思い当たる節がたくさん。。。

これじゃん。。。

 

これまでは、お薬手帳?何それ、何のためにいるの?と思っていましたが、必要ですね。

赤い斑点のある顔で耳鼻科を再度訪れると「たまにそういう人がいるんですよ。ちょっと強めの抗菌薬でしたから。もう腫れも引いてますし、抗菌薬止めていいですよ」で、終了。

本当に止めていいですかね?

この医者大丈夫か?

と内心で思うも、伝えず。

まだ薬が抜けておらずキツイことに加え、咳が止まらなくなっていたのでそれを伝えると「咳止め出しますね」だそうです。

またも私の見立てを特に掘り下げもせず、なぜ咳が出るのか?素人がアレルギーのせいだと思う、と言うのをそのまま信じ、咳止め+抗アレルギー薬処方。

頭も重く、いつもの思考能力が無いので、なんだか完全に丸め込まれてしまったけれど、今思い出すとなんだか腹が立ってきました。

だから、医者って嫌いなんですよ。

忙しくてそんな余裕がなくなるのかもしれませんけど、なぜ咳が出るようになったのか?そもそも喉が腫れた始まりはなんだったのか?とか調べるもんじゃないの?

確かに治ればいいけどさ、なんか違うんですよね~。

 

とりあえず、私のお薬手帳に初めて「使えなく薬」ができました。

赤ペンで今回の症状含めて書き込みましたが、皆様もお薬手帳大事ですよ~。

それにしても、薬飲んで逆に症状悪化するなんて、夢にも思いませんでした。

そして、我が身に副作用などと言うものが起こるとは。。。

危険って案外身近にたくさんあるもんだぁと思ったお話でした。

 

すっかり抗菌薬が抜けたら途端に食欲も戻り、ダルさも頭痛もなくなりました。

咳止め効果もあって咳も止まったし。

あとは未だに残る赤い斑点が消えるのを待つだけです。。。これ、消えますよね???汗。

 

 

 

 

そろそろ近づく秋競馬

暦の上では秋ですが、まだまだ日中は猛烈に蒸し暑い日が続いていますね。

私の住む地域も、その例に漏れることなく蒸し暑いです。

それでも猛烈に暑かった夏真っ盛りよりはずっとマシです。

とりあえず日陰に逃げればそこそこ涼しいし、夜は九時を過ぎないとまだ暑いけど扇風機があればそこそこ快適だし、何よりも朝が涼しい!

これだけで、気分的にも体力的にもかなり違います。

 

そんな前置きはさておき、秋の虫の音が本格的に聞こえ始めると秋競馬、始まりますね♪

 

私の好きな馬の中で、先陣を切ってレースへと復帰するのは・・・「フィニフティ」。9月8日の紫苑Sに出走予定です(*^^*)

 

小さな体の女の子。競走馬の一般的は体重が450~500kgというなかで、彼女のデビュー時の馬体重は428㎏。そこからレースを使うごとに馬体重が減っていき・・・桜花賞当日にはとうとう420㎏まで減ってしまいました・・・。

しかし、フィニフティは小柄な体型ながら馬群で揉まれても決してレースを諦めない勝負根性の持ち主です。これは競走馬に最も必要な要素だと思うのですが、彼女はそれを持ち合わせています!

桜花賞では二桁着順でしたけど、隣の馬があんなに寄せてこなければ、もう少し上の着順にはなっていたはずなんですよね~。寄せてきた馬は4着に食い込んでますし、フィニフティも持続性のある末脚は持っているので、今思い出しても本当に悔しいっっ!

小さいので、さすがに寄せられると当たり負けしちゃうんですよね。無理して怪我しては元も子もないですし。。。

 

同レースに登録している面々を見ると、なかなかの強敵が揃っておりますが、夏をしっかりと休養にあてた彼女が、少したくましくなって戻ってくるといいな~と願っております。

 

憧れの人々

珍しく馬以外で己の心情やなんかを吐露してみる。

 

最近よく目につく(私が気にしているからだと思いますが)脱サラして〇〇始めました、というもの。

 

私にもいろんな憧れは、未だにある。

否、むしろ今になってより強くなってきたような気がする。

 

振り返れば二十代。人生に特に野望を抱くわけでもなく、みんながやってるから、と前に倣う感じで普通に就職。

女が働くなら事務じゃないの?と何の迷いもなく事務職に就き、今で言う地場の黒い企業で働いてみたが、あまりにも事務を奴隷のように扱う体制に嫌気とやりがいの無さを感じ二十代後半で転職を試みる。

いわゆるアラサーでの転職活動は、不景気も相まって結構てこずる。

ま、当たり前だよね~。

ただただ誰にでもやれそうな事務職しかやってきてないんだもん。

それでも半年程度で再就職は出来た。

でも、この半年の恐ろしい無給期間が私の中に安定志向を育む結果となる。

 

30十代、アラサーでようやく就職できたこともあり、ここが最後の住処だなぁと思いながら働く。

幸いにも前職よりはやりがいもあり、いろいろと任せてもらえるので事務だけど、そこそこ専門知識も身に付き、それ相応の苦労や負担もあったけど、楽しかった。

しかし、会長が老齢によるキ〇ガイ気質を発症。いわゆる人間不信、過去の栄光をやたらと語る、などなど欲というのか自我が強くなりすぎて、最後にはとうとうまさかの専務を解雇するという衝撃事件発生。。。

確かに専務は調子の良い人で、基本的には働かない人でしたが、いざとなると頭の回転は速いし営業も経理も出来、盾にもなってくれる気質の人で、上司としては申し分なかった。

そんなお方が私の前から突如いなくなった衝撃たるや。。。いささか人間不信に陥ったのは言うまでもない。

国民的スター〇MAPの3人が事務所を辞めた時、なんかすごく、勝手に共感したもんな~。

ということもあり、アラフォー目前に耐えがたくなって退職。

 

当然ながら二十代でも苦労したのだから三十代での再就職は尚更手こずる。。。

それでも1年以内に再就職するが、前回よりも長い無給期間体験が更なる安定志向を私の中に育む結果となる。

 

もうこの歳だから、と勝手に自分の限界を決めて、一歩を踏み出す勇気がなかった。

結果、なんだかよくわからないけど平々凡々と生き、旅行で各地を訪れることだけが楽しみになり現在に至るわけです。

 

気づけばとうとう四十路に突入。

こんな人生で良いのだろうか。。。と「〇〇始めました」記事を見るたびに思うのです。

フリーランスで生きている方たちへの尊敬と羨望が、私の中で日増しに強くなっていくのです。

もちろん、フリーランスだからこその悩みや苦労が、日々守られサラリーで生きている私には無いことがたくさんだあるのだとは思う。

それでも「自分の力だけで生きている充実感」は、今の私には全く無いものなのです。

 

無い物ねだり、とはよく言ったものですが、今日死ぬとしても「後悔は無いかな」と思えるのは憧れの人々、フリーランス(自営業含む)の方々により多いと思うのです。

 

でも、、、だからと言って私は何をしたいのだろう?

 

漠然とカフェをしたい、と思っても「どんなカフェ?何を食べさせる?」となると迷路に迷い込み、barをしたい、パン屋になりたい、と思っても同じく迷路に。。。

 (食い意地張っているから思いつくのが食べモノばかりだな。笑)

まずはその目標が必要だな~。←多分、これが踏み出せない最大の足枷なんだろう、と最近になって分かってきました。

とりあえずやってみる。やってみてから考える。失敗したら考える。

恐らく、フリーで生きていくために最も必要なことは、この思考なのだろう。

 

一歩、先ずはやってみる。

 

私にできるだろうか。。。

 

とりあえず、フリーに近づくために「〇〇やってみたい、〇〇行きたい、を実行すること」を今年残り少ない月日で実践しよう。

さすがにいきなりカフェを始めたりは無理だけど「乗馬を始めたかった」「〇〇に旅したかった」くらいは始められる。

その「やってみた」「行ってみた」の積み重ねだけでも、何かが変わるのではないだろうか、と淡い期待を抱く私なのだ。。。

 

そう、先ずはやってみる!

 

牧場見学②

随分と間が空きました・・・。

忘れていたわけではありませんよ。

ということで、続きです。(下書きが7/31でした・・・(・・;))

 

牧場見学2日目。

この日は牧場巡りのメインとなる大事な日。

まずはアロースタッド

アローと言えば、愛しの王子「トウホウジャッカル」と大好きなインカンテーションのお父さん「シニスターミニスター

絶対会いたい馬と言えば、どうしてもこの2頭になります。

そして、どちらにも会えましたぁぁ♡

f:id:lovettel05:20180823142526j:plain

愛称シニミニ。

なぜか、無口が落ちています・・・。

どうやって外したの??? (゜゜;)と、いきなりビックリしました。

この後、シニミニが近づいてきてくれて~♪ なぜ無口か外れたのか、よーく分かりました。

頭が痒いのか?癖なのか?しきりに柵に頭をこすり付けおりましたので、それで緩くなった無口が草を食べようと頭を下げたタイミングで外れてしまった模様。

多分、いつも外れてるんではないかと(笑)

お父さん、可愛いなぁ・・・と和みました。

 

お父さんのお向かいにはビッグアーサーが!

わぁ、アーサーがいるよ!とテンションあがりましたが、そこはきちんとマナーを守りましたよ。

声を上げずに心の中だけで大騒ぎしました。

そして、お父さんの放牧地のお隣にはディーマジェスティ―が!

 

ここ、夢の国です。間違いない。

 

(後日、写真を追加する予定・・・いつになるかは謎だけど(笑)いつか、写真が増えているかも??)

 

そして、念願のトウホウジャッカル!

f:id:lovettel05:20180823164129j:plain

ジャッカルに会えたことが嬉しすぎて・・・まともな写真が一つもありませんでした(泣)

あまりの酷さに、とりあえずミラーレスカメラを買って写真スキルを上げようと己に誓いました。←一眼じゃないんかいっ、という突っ込みは無しでお願いします。旅行に持っていく、と考えると私的にはどうしてもミラーレス1択になります。

 

ジャッカルのお隣には、暴れん坊将軍ラニがおりました。

現役時代、パドックで暴れまくっていた姿しか知りませんでしたので、放牧地で大人しく、というか・・・「僕、とにかく人が好きなんです!かまってかまって~♪」という感じで、私が歩くと柵越しにずーっとついてきて、別の馬を見ていると「こっち来てよ!」と言うかのように鳴いて気を引こうとするラニ

その姿に胸キュンしました♡

f:id:lovettel05:20180823165242j:plain

ラニ可愛い。すっかり虜です。

牧場見学2日目はまだまだ続きますが取り急ぎここまで。

続きはまた後日。。。

 

 

 

壊れた・・・。

この猛暑の最中に、エアコンが壊れました。

春に「随分古いし、そろそろエアコン買いなおしません?」と提案していたのですが、家人が「まだ使えるし大丈夫」と何の根拠もなくそう言ったのです。

私も北海道旅行が控えていたので、そう言うのならば出費を増やす必要もないし、とあっさりと提案を取り下げましたとも。

 

しかし、あの時の私の提案はまさに虫の知らせ、第六感的な何かによるものだったのですよ。

きっとそうだ、と思ってる。

 

そして、恐れていた事態が起きたのは7月27日。

たまたま仕事が休みで出掛けていた私の携帯が鳴りました。

詳細は省くけど、古いエアコンを猛暑の中で連日フル稼働した結果、限界を迎えたってことですよ。

人間だけならいいのですが、うちには毛皮を着た小悪魔(猫)がいますので、エアコンが動かないのは死活問題です。

偶然にも休みだったので、すぐに家電量販店へと行きましたが、、、当然ながら、この猛暑によるエアコンの不具合はあちこちで多発しているようで「在庫はあるけど、取付に時間がかかります」と、当然の回答。

更には「在庫もそう多くは持っていないので、今の在庫が切れると被災地を優先しているので・・・」という恐ろしい脅し文句付き。

でもさ「じゃあ、お願い」と即答するのは躊躇われる額なんですよ。エアコンって。

「とりあえず、一度考えます」と答えて別の家電量販店に。

そこでは、私が欲しいメーカーのエアコンをそもそも取り扱っていないと言う事実・・・。

今時このメーカーを取り扱わないってどうなの?天下のエアコンメーカー「〇イキン」ですよ?と耳を疑ったけど、とりあえずは他のメーカーを勧めてもらって話を聞いてみる。

うん、店員さんの対応がおそっ。一見、ベテラン風のおじさんなだけに、余計に遅いと感じてしまいます。

最初に足を運んだお店は、若いアルバイト風の兄さんでしたが(後々、社員さんだと知る)質問するとすぐに答えが返ってくるし、これくらいの額には出来ます、取り付けるなら〇日なら可能、という回答がものすごく早い。

結果、最初の店に翌日舞い戻り(背に腹は代えられないし、猶予もないので)発注しました。

最新エアコン・・・高かったなぁ~(主観ですよ。完全に)

北海道の旅にあと2回行けたなぁぁ(T‐T)と思いながら、頭金を納めてきましたが、だましだまし使えていたエアコンも、一昨日から完全に死にました。

電源をポチッと押しても微風すら出しません。

ピクリとも動いてくれない・・・。役立たずの屍になりました。

8月8日が取付なので、毎日毎日「あと〇日だけ頑張って」と励ましてきたエアコンでしたが、無理でした。

エアコンの有難さを噛みしめる夏になってますよぉ。

それでも日中は、私は涼しいオフィスで過ごせているからいいのですが、猫には酷だよね。

暑さに強い猫でさえ、流石にぐったりしてます・・・。

別室にエアコンがあるのだけれど、そこは猫アレルギーのある姪が来た時のための部屋なので、猫を自由にさせられないのです。

猫自身もそれを知ってか入ろうとはしませんが、さすがに緊急処置的にその部屋に入れるものの長くは持たず、すぐに「ここから出せ」と言わんばかりに鳴き喚くのでどうしようもない(TДT)

出して入れて、を繰り返す感じ・・・。

 

そんなこんなで、けっこう真面目に牧場巡り②を更新しようと思っていたけれど、暑くてそれどころではなく、、、結果的にこんなブログを更新しています。笑。

 

あと2晩耐えれば、エアコンがやって来ます・・・。

あぁ待ち遠しい。

 

 

 

 

 

牧場見学①

行ってきました、北海道~

 

競馬を始めた人が、一度は憧れるであろう馬産地見学。

私も人並みの憧れを抱きながら過ごしておりましたが、ひょんなことから「会いたい馬には会えるときに会わないとね」という、これまでにも何度も耳にしている言葉と「どの子が見たいの?多分、会えるよ」という魅惑フレーズを囁かれ、思わず飛んでみることにしました。

 

一路北海道へ、ばびゅーーーん!

 

飛行機の出発が遅れたために、予定より30分も遅い到着に、お世話になる方も気が気ではなかったと思います・・・。

到着が15時近くなったため、レンタカーを借りる予定を変更し、今回大変お世話になったSさんの車に同乗させてもらい、一般人には最も敷居の高い場所「社台スタリオン」へと向かいました。

ここはまさに、生きた宝石の住まう場所なので、一見さんが来たって絶対見せてもらえませんが、今回はSさんのお力で宝石たちを見せていただきました。(*´‐`*)♪

興奮しすぎて、デジカメの操作がうまく出来ず・・・人様に見せられる写真がほぼほぼないという有様でしたが・・・良いのです。自分さえ楽しめれば。苦笑。

 

社台で見せていただいたお馬さんは以下。

ヒドイ写真ですが、一応上げときます。笑。

ダイワメジャーオルフェーヴルキタサンブラックドゥラメンテフェノーメノディープインパクトロードカナロアイスラボニータ

競馬を知らない人でも、一度は聞いたことがある名前の馬たちではないでしょうか?

とくにディープは、今の日本競馬界を支えているような存在ですからね~。

 

メジャー君、おっとりしているのが表情にも表れている、と思うの。主観です。 

f:id:lovettel05:20180722102005j:plain

 

メジャーの次に会いたかったのがマメチンことフェノーメノ

ステゴ産駒らしく落ち着きのない子でした~。笑。

黒い馬体って、かっこいいですよね。

どんより曇り空でなければ、もう少し光る馬体が取れたのでしょうけど、残念な腕前がさらに露呈するコンディションでした(><;)

f:id:lovettel05:20180722102021j:plain

 

イスラボニータ

現役時代、パドックを周回しながらずーっと観客をきょろきょろとみている姿に、すっかり虜になってしまったボニタン。元気でしたよ。

f:id:lovettel05:20180722102034j:plain

 

種牡馬としてかなり評判が良いらしいドゥラメンテ

ゴール直前でがくんと体勢を崩し、足を引きずるようにして馬運者に乗り込んだときには気が気ではありませんでした。

こうして元気にしている姿が見れるって本当に幸せです。

f:id:lovettel05:20180722103214j:plain

 

平成の暴れん坊、オルフェーヴル。綺麗な栗毛は今も健在でした。

ギロっと一睨み、は最早ステゴ産駒を代表する仕草ですね~。

外に出してもらえると思ったのに写真を何枚か取られたと思ったら、またすぐ馬房に戻されることになったため、馬房に入る前に相当暴れておられました。

さすがは暴れん坊代表馬。笑。

f:id:lovettel05:20180722102047j:plain

やさしい瞳が印象的なロードカナロア

ココロノアイの旦那です。^^

f:id:lovettel05:20180722102056j:plain

f:id:lovettel05:20180722105357j:plain 

↑ どアップのキタサンブラック~。精悍なお顔立ちでした。

 ディープの写真だけ、なぜだかうまく回転しないので・・・割愛します^^;

 

 1日目は社台を堪能して終了しました~。

15時過ぎから馬房から連れ出し、見せてもらえただけでもありがたいことですね。

 社台スタリオンの皆さま、何よりもS様、本当にありがとうございました!

 

つづく。