読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬好きのひとりごと

日々の小さな幸せを探しながら綴ります

罠・・・

今日は通販サイトの罠のお話。

最近の大手サイトには「今すぐ買う」というような1クリックで注文が確定する地雷のようなボタンが存在します。

テレビを見ながらスマホタブレットを操作中にうっかり発注してしまったという経験をお持ちの方はいませんか?

私はつい先日、体験しました・・・(ToT;)

ながら注文ではなかったけどね、いつものボタンと思って押したら「今すぐ買う」ボタンだったのです・・・。

カートに入れもせず、いや正確には入っているから注文なんだけどね、ろくすっぽ確認もなく注文が確定すると言う恐ろしいボタン。

まさに罠。こんなホイホイ仕様が許されるのか。

利用者様の面倒な手続きを省いてみました、的な趣旨で出来たんだとは思うけど、どう考えても「便利」より「うっかり」のほうが増えていると思うのは私だけでしょうか?

幸いクレカを登録していなかったので即決済にはならなかったけど、支払いが銀行振込に・・・面倒くさい。クレカ払いなら不要だった振込料を払うのも微妙・・・ホント残念でしかない。

どっちみち必要なもの(猫餌)なので買うけどさ、キャンセル手続きと振込の面倒を天秤にかけたらキャンセルの方が面倒だった・・・(ポ○パ○の場合)

そして、こういう問題が起きた時にその会社の体制ってよく分かる気がする。

今回のポ○パ○を考えたら、キャンセルについては勝手に店舗とやり取りしてください方式(利用者からすると一番面倒な方法。必要なものや使えそうなものなら大抵の方がキャンセルを諦めると思われる)

楽○ではうっかりをしたことがないけれど、いろんなところで見聞きする限り同様、もしくはもっとヒドイ。

上記を踏まえると、密林が一番親切かもしれない。何時間かは忘れたけど、確か数時間以内ならサイト内でキャンセルの手続きが出来たはず。あと、今すぐ買うボタンを押してももっとわかりやすく「注文確定ですよ?大丈夫?」的なコメントが出た気がする。と、ここまではどれもあいまいな情報ですが・・・設定から今すぐ買うボタンを非表示にできるの密林はさすがです。これはすごく助かる仕様。

もっとも、密林には他サイトより偽サイトやなりすましなんかがあるようですし、すぐ買うボタンの先駆けだからこそのサポート体制なのかもだけど。

でも一番すごいと感じたのは、一度、業者のミスで在庫切れによる一方的なキャンセル通知が来たことがあり、こんなときどうするの?!、という事案に遭遇したんだけど、ちゃんと返金されたし、ネット通販では通常ありえないだろう、人件費もかかるしおそらくは一番やりたくないだろう人による電話対応によるサポートが密林にはあるんですよ。しかも、電話を希望すると数秒後には希望した連絡先に折り返しの電話があるの。驚異のレスポンス。

キャンセル騒動の時はこのお陰でとっても助かりました~。

 

まぁこんな罠仕様の今すぐ買うボタンですから、スマホタブレットだと指がうっかり触れて注文しちゃう確立が上がる気がするんです。まさに脅威でしょ。

高額商品なんて迂闊に閲覧だって出来ないじゃない。

しかも、うっかりしたらあとは店と直接交渉してねってどんな仕様よ・・・。恐ろしいわ。手数料をもらえるなら何でもありなのか(゜д゜;)

ある意味では、ヤ○座より性質が悪いような・・・。

とりあえずPCだとマウスによるクリックなので、上記の機種よりはうっかり防げると思うからPCでしかネット通販しないと心に決めた。

もう罠にはかからない!と宣言しとく。笑。

 とりあえず、ポ○パ○には「密林のように非表示設定できればいいですね」と問い合わせてみたところ「貴重なご意見云々かんぬん、検討いたします」と全く検討しないであろう杓子定規なフォーマットの返信が来ました。

さらに「少なくとも、今すぐ買うボタンの説明くらいはどこかに記載(購入に関する説明の箇所)してはどうですかとも訊いてみましたが、これまた当然のように「今のところ記載はどこにもしていません。貴重なご意見云々かんぬん、検討いたします」と来た。

せめて解説くらいはすぐに実行できるだろ、と思うのは私だけでしょうか~?

通常の購入に関する記載は、細やかに画面写真?まで使って解説しているのに・・・。

とにかく、皆様もうっかり購入にはご注意くださいませ。

とりあえず、通販サイトにクレカ登録することだけは絶対避けましょう。

即決済され、脅威が高まりますので・・・。

 

 

くたびれモード

久しぶりの更新です。

こんにちは。

ゴールデンウィークは・・・茶農家に嫁いだ妹より、茶の最盛期と言うことで送り出された姪甥コンビの相手で・・・撃沈しておりました。

旅行の算段どころじゃない。

映画を1本見るのが精一杯でした。

歳は取りたくないですね。体力が・・・。苦笑。

私よりもっとうんざりしていたのが、愛猫。

普段はわがまま放題、とにかく鳴いて飼い主を呼びつける習慣が(11歳を迎え高齢になったせいかより顕著に)あるのですが、ぐっと我慢の1週間だったので、そりゃうんざりしますよね。

子供嫌いがより増したと思う。

そんな余波のせいか、疲れが抜けないの。

もう月末近いのにね・・・。

そんな中でも嬉しいニュースが飛び込んできました。

屈腱炎を発症し、3歳の大切な時期にレースを走ることが出来なかった期待馬、シルバーステートが1年半の休養とリハビリからようやく、待ちに待った復活を遂げたのです。

それはもう、強かったよ。

まだ状態は万全じゃない、と厩舎サイドも騎手も話しておられましたが、走れる状態にはきたのでまずは走らせてみようということでの出走だったようですが・・・復帰戦で見事な完勝。圧勝。

加速していいよ、の騎手からの合図の鞭はありましたが、それだけであとは馬なり

なのに上がり最速。2着とは3馬身差の0.5秒先着ですよ。

開いた口がふさがらないくらいに強かった。

こんな姿を見せられるとさ、本当にダービーで走る貴方が見たかったと思わずにはいられない。

タラレバだけどさ、サトノダイヤモンドの世代1強なんて事にはならなかったろうな~、と。

ただし、1度屈腱炎を患っていると常に再発の可能性があるのでレース選びや間隔には慎重にならざるを得ないですよね。

とりあえず、シルバーステートの単勝をがっつり買えなかった私を呪いたい。

でも、復帰戦で1番人気だとそう買えないよね~。応援はしますがオッズが悪いのよ。

大きく賭けない私のようなへなちょこ馬券買いからすると2、3番人気とか10倍つくような単勝を買いたいんです。笑。

それでも銀行の金利を考えると掛け金が倍になるんだから、高い配当なんですけどね。

ホント、みんな予想が巧い。復帰戦の馬が1番人気だなんて、ね~。

さ、プラスだった収支も買い目が悪くてとうとうマイナスになったので、ダービーでは取りたい!

気合を入れると外す傾向のようなので、直感を信じて当てに行くぞ~。笑。

最後にくたびれ愛猫載せておきます。(^^)

f:id:lovettel05:20170525122419j:plain

 

ダメ人間

春と秋は競馬の祭典G1が毎週のように行われるため、私はすっかりダメ人間と化しております。

マズイ。非常に。

考えることと言えば馬券のことばかり・・・、これはダメでしょ、人として。

いや、有りかもしれませんが、私が嫌だ。

昔はもっといろんなことに興味を持っていた気がする。

寝ても覚めても馬のことばかりでは、さすがにこのままでは脳が腐る気がしてまいりました。

それが乗馬とかならばまだ違うと思うんですけどね、さすがに馬券のことばかりではいかんと思う。苦笑。

何か趣味を、もっと違う趣味を持たねば。

ちょいと焦る。

世間は大型連休とか言ってますけど、ほぼ暇。

とりあえずは・・・旅趣味を復活させようかな。懐は寂しいけど、格安でも行ける旅はある!

まずは、一番仲の良い友人が結婚して関東人の仲間入りしてしまったので、秋ごろに会いに行こうか・・・。

それ以外にも関東移住した友人が多いので(本来、九州の人間は関西移住が多いと聞くのですが、私の友人たちはなぜか軒並み関東に行ってしまったのよね~)友人行脚、友を巡る旅でもしようかと思っているので、それを安く上げる方法を暇な連休で練ってみようかな~。笑。

あと、最近知ったのですがモネの池なるものが岐阜にあるそうなので、ちょっと興味がある。

琵琶湖も一度見たけど、駆け足の社員旅行で昔行ったっきりだし、あんまり記憶に残っていないので、もう一度しっかり見ておきたい。

こういう旅プランを考えるときに役に立つのが、添乗員付きツアーの旅行サイトなんですよね。

その地方の観光名所を網羅してくれているので、闇雲に探すより手っ取り早く素敵な観光地を見つけられるので、大きなところはそこから拝借し、細かい肉づけを自分の趣味を取り入れて錬ると、効率的に旅のプランが組めるんです。

ということで、今年は小旅行を2つ3つ錬ろう。

暇な連休で。

ダメ人間を卒業せねば。苦笑。

とりあえず、今週のNHKマイル(G1)は予想を休み、競馬も休む。

そこから始める。

以上、ダメ人間のつぶやきでした。笑。

 

 

儚い夢・・・

3歳クラシック第2戦『皐月賞

3連複取りたかったな~。

約17万という夢の馬券でした。

基本的に手堅い決着でしか取れない私ですが、今回の皐月賞は実力拮抗のレースになる予感がしており、いわゆる人気薄と呼ばれる10番人気以降であっても上位人気馬との力の差はないと見ておりました。

そういいながらも私、競馬に全く詳しくはないです。笑。

ただただ競馬が好きというだけなんですが、なんかね、第六感みたいなものは持っている気がするんです。

その勘が、今回は荒れると言ってきましたので、私にしては人気薄をかなり盛り込んだ馬券を買っておりました。

軸馬候補がアウトライアーズ(7番人気)とペルシアンナイト(4番人気)。

迷ったのでアウトライアーズから流す馬券6点、ペルシアンナイトから流す馬券6点の3連複です。

普段の私なら3番人気までから軸候補を持ってくるので、買った時にはまだ5番人気だったペルシアンを軸に選ぶこと自体が稀有。

取りそこなったの馬券で一番惜しかったのがペルシアンナイト、アルアイン、サトノアレスの組み合わせ。あと一頭、ダンビュライトさえ買っていれば・・・。

ま、そんなものですね。それに三連複は取れてればラッキーという馬券なのでそう悔しくもない。←ただの負け惜しみ。苦笑。

アルアインを3着ではなく2着候補として評価を上げてれば馬連が取れていたので、そっちの方はとても悔しいです。このあたりが買い方が下手なんですよね~。苦笑。

でも、今回も夢は見れました。

その夢を見せてくれた馬が13番人気の「クリンチャー」です。

発売当初は18頭立ての17番人気。それが徐々に人気を上げて、それでも13番人気。

複勝で10倍が付くような馬です。

普段の私なら、絶対に買わない馬。

だがしかし、今回はどうしてもこの子が買いたかったんです。

複勝でも万馬券が取れる馬。だけど、この子を信じたい。

出馬表を眺めていてなぜだか無性に気になった子、それがクリンチャーでした。

結果は4着。

複勝を買って応援する私に、ゴールの直前まで夢を見せてくれました♡

クリンチャーは逃げ馬の中では、超高速馬場の消耗戦という激しい戦いの中では一番強い競馬をしたと思う。

鞍上がもう少しだけ、もう少しだけ追い出しを我慢してくれていたら・・・。

たらればですが、3着もあったと思う。

ちょっと寄れて隣の馬と軽く接触もあったように思うので、その辺でも余計な消耗をしたかな~とは思うけど、この善戦には大満足。

次も応援するから頑張ってね、クリンチャー。

そして鞍上の藤岡騎手も。

ただ、こんな人気ではもう買えないだろうな~、強いことがばれちゃったね、クリンチャー。

ちょっと残念だけど、先に気づけたことが誇らしくもあったり。

桜花賞も馬券は負け、続く今回も馬券は負けだけどレース自体はすごく楽しい皐月賞となりました。

クリンチャーのおかげで忘れてたけど、もう一頭の軸馬アウトライアーズはまったくいいところがなかったけれど、次回に期待します。

祝!勝利!

春のクラシック初戦となる桜花賞

桜花賞と言いながら、例年は桜がほぼ散った状態でしたが今年は満開の桜の下で行われました。

そして、私が勝手に絶賛応援中のレーヌミノルも満を持しての出走。

結果、勝ちましたぁぁぁぁぁぁ!

稍重の馬場が味方したとはいえ、それはもう見事な勝ちっぷり。

今年の桜花賞は、馬場が渋っても怪物と呼ばれているフランケル産駒「ソウルスターリング」の圧勝で間違いないと言われておりましたが、そのソウルを全く寄せ付けない見事な完勝でした。

格好よかったぁ~♡

ホント、惚れ惚れする走りでございました。

今回から騎乗してくれた池添騎手、エスコートありがとうございました。

しっかりと、真っ直ぐと走り抜け、誰からも天晴と褒めていただける見事なレース運びでした。

レーヌミノルにとっても、池添騎手にとっても、担当厩務員の中井さんにとっても特別な特別な日となりました。

本当におめでとう!

もうね、昨日は何度巻き戻して録画レースをみたことか。

馬券は外したレースをこれだけ楽しく見たことないよ~。笑。

ま、昨日は2軸なんていう無謀な買い方したのが敗因ですね。馬券は自己責任ですから。

でも、本当に好きな子は軸にしない。単勝を買わない。それが私のルールです。

私が本当に好きな子を軸にし、単勝を買うと必ず負けるという嫌なジンクスがあることは以前も書いたと思いますが、だからこそ本当に大切なレースでは軸でも単勝でも買えません。苦笑。

もう一頭、リスグラシューも好きなんだけど、小柄ながら彼女も頑張った!

失速したかに見えましたが(おそらく坂の入り口だったのかな?)ソウルスターリングに抜かれるか?!猛追してきたカラクレナイに差されるか?!と思ったところから、もう一段階ギアがあったよぁ♪

勝てなかったけど、次もあるからね。頑張れリスグラシュー

恐らく、レーヌミノルには距離が長いオークスは出走しないはずなので、オークスではリスグラシューが戴冠できますように~☆

 

今はツイッター上にレーヌミノルの素敵な写真が溢れておりますので、ツイッタサーフィンしながらニヤニヤしております。

その中にはもちろん、馬場のおかげで勝てた、なんて言葉もちらほらありますが、私の持論では「運は強い馬にこそ回ってくる。だから運も実力」なのです。

だから、レーヌミノルはやっぱり強いんです。

素敵なレースを見せてくれてありがとう。

何より全馬無事で終われたことこそが一番。

サクラ舞い散る桜花賞・・・大好きなココロノアイちゃんが惨敗してしまった2年前の桜花賞、好きな子がいなかった昨年の桜花賞、そして今年は「大好きな馬が勝った桜花賞」(*´▽`*)♪♪♪

来年はどんな桜花賞になるのかな~。

 

 

 

 

なんともなかった

愛猫の首のしこりの件で、ようやく動物病院を受診させました。

結果、なんともなかったよ~♪

良かった良かった。ほっと一安心。

今年で11歳になりますので、何かと出てくる年頃だもんね、今後も変化を注意深く見守りたいと思います。

 

何事もなく済んだので、どうでも良い猫の受診話を少し。

 

歩いて数分の近所に動物病院があるのですが、先代となる愛犬の頃からお世話になっている先生の方が受診料も安く、親身に話を聞いて下さるので、猫の負担を考えると近場のほうがと思いつつも、車で20分の動物病院へと向かいました。

そこには既に2度、避妊手術と顎下に原因不明のハゲが出来た際に、愛猫はお世話になっているのですが、ハゲで受診したのが最後でおおよそ7年ぶりの来院では動物病院のことを覚えているはずもなく「車に乗せてどこに連れて行くんだコノヤロウ」状態の道中でございました。

気に入らないときに、それはもうびっくりするくらいの大きな声で鳴くんだけれど(近所でも有名・・・ご近所さん、本当にごめんなさい。苦笑)その声量で鳴き続けてましたとも。

「ああ、うるさい。アンタのための受診なのよ」と言ったところで通じるはずもなく、到着するまで鳴きつづけてました・・・。

なんとか到着し、逃げて轢かれでもしたら困るので、散歩ヒモをしっかりつけて病院の受付へ。

そわそわしながらも、幸い待ち人がいなかったのですぐに診察室へ。

診察台に乗せるだけでも大パニック・・・。なんとか乗せて、体重を確認。

しこりはここですと先生に診てもらいたいのだけれど、精一杯の抵抗を見せ、シャーッとかフーッとか言ってました。

が、なんだかんだで2分もしないうちに大人しくなり、歳のせいか?緊張のあまり動けなくなったのか?いずれにしても無事受診完了。

先生の診断は「首輪が当たっている位置でもあるし、触った感じからも、分かりやすく言うとペンダコみたいなものですね」とホワイトボードに図を描いてくれ、さらに説明してくださいました。

「頻繁に圧がかかったりすると、そこを強くしようと皮膚が厚くなっていくので、それに近い状態」だそうです。

ものすごーく心当たりがある・・・。

愛猫は、完全なる家猫。但し、一日中家ではストレスも溜まるだろうから、と日中は長めの紐で結んで逃げられない状態での自由を許しております。

飼い犬が庭である程度の自由を許されているのと似たような感じでしょうか。

猫でそれをするのは、高いところに登れたり、他の猫から喧嘩を吹っかけられたりなどを考えるとあまり好ましくはないと言われる方もいますが、離せば車に轢かれたり、病気をもらったり、ご近所で悪さをする(糞問題)などリスクのほうが跳ね上がると思うので、ヒモで繋いでちょっとだけ自由、のほうが身の危険は明らかに低いと思うので、私はこれを変える気は微塵もないのですが、最初にこれを始めた時はコンクリートブロックに紐を括りつけていたんですよね~。

そうしましたところ、力自慢の愛猫はそのブロックをズルズルと引っ張りながら移動をしてまして・・・(マンガのような話ですがホントなんです)紐を引っ張れば遠くに行ける、と思っている節があり、何かと引っ張る癖がしばらく抜けなかったんです。

今では引っ張っても動かないフェンスにヒモを結び、愛猫自身も引っ張ってもどうにもならないことを学習しましたので、以前ほどの引っ張り癖はなくなりましたが、興奮するとまだやっちゃうので、そういう積み重ねがタコを作っちゃったのかなぁと。

とりあえず、今はただのタコですが、ずっと刺激が続くとガン化することもあるそうなので、要観察は続けていきますが、引っ張り癖がこんな事態になるとは・・・。

驚きでした。

でも、驚きはこれだけで終わらず、なんと受診料が無料だった(・。・;

「特に処置はしていませんから」という理由でしたが、処置はしていなくともしっかり診察と相談には乗ってくれましたのでさすがに無料は、と言いましたが「大丈夫ですよ~」と、受付のお姉さんは笑顔。

いつもこんな感じなんだけど。人が良すぎる先生が健在だった。

私としてはすごく助かるけど、大丈夫なのかと心配になる。

入院してもすごく安いし、避妊手術の時に抜糸に行っても消毒用軟膏代だけだったり、とにかく今時の設備充実キラッキラした動物病院とは違う昭和の良き精神を残しつつ動物を見てくれるとても素敵な先生なのでした。

また何かありましたらよろしくお願いいたします、とお礼を言って帰ってきましたが、愛猫も帰りは少し慣れたのか、家に帰れるという自信があったのか、大人しく車に乗っておりました(^^)

めでたしめでたし。

 

 

 

 

負けたうえに…

ちょっと前のレースの話しをします。

3歳牝馬桜花賞トライアルレース、フィリーズレビューSでの話です。

それは、私が勝手に気に入って応援しているレーヌミノルの晴れ舞台となるはずだったレースです。

はずだった、という過去形がなんとも残念な感じを表しておりますが、本当に残念なレースでした。

騎手批判は可能な限りしたくないんですけどね、本当に酷かったの・・・。

馬の頑張りをぶち壊すくらいに、素人目からも「ヒドイ」としか言いようのない騎乗だったの。

確かに、全力疾走する馬を御すのは大変だと思います。思いますけど、それを何とか最小限の被害に収めるのが鞍上である騎手の仕事だと思うのです。

だからこそ厳しい試験を受け、騎手は日々のトレーニングをしていると思う。

それなのに、周りが見えなくなるくらい、自分の馬がどんなコースを走っているのかも分からなくなるくらい必死に馬を追ってダメだと思うのです。

そんな乗り方では他馬を巻き込み周囲にも迷惑をかけるし、場合によっては大惨事になることだってある。

それが初めてならば、次から気を付けて、という言葉も出るかもしれませんが、彼の場合はこれが初めてではないだけに、何とも言いようがない・・・。

レーヌミノルがどんなコースを走ったのかは、レース映像を見てもらえれば分かりますが、最後のコーナーを抜けて直線に向かいながら、それはもう大斜行ですよ。

その鞍上がどんだけ必死に馬を追っているのかも見ていただければ分かりますが、この斜行がなければ恐らくレーヌミノルはカラクレナイに負けていません。

たらればですが、おそらく勝っていたでしょう。

一番問題なのは、こんな走りを許されちゃったレーヌミノルの今後です。

馬は賢い動物だと聞きますので、このレースでの走り方だって覚えていると思います。こんな風に走っていいのね、と馬が理解すればまた同じことを繰り返すでしょう。

エイシンヒカリという馬が同じく大斜行をして勝ったことがありましたが、あれはまあ誰の邪魔にもなっていないので今回よりは許されましょうが、やはりそれを許されたことによってエイシンヒカリはその後も斜行する癖がなかなか抜けず、厩舎の方々や乗り替わった騎手が苦労して修正していましたので、今後のレーヌミノルにも同じことが言えると思うのです。

だから、迷惑をかけなければ斜行していいってことは決してないのです。

迷惑を掛けるような斜行なら、尚更です。

それを実戦で教えるのが騎手の仕事なのに、それを忘れて勝つことだけに執着するようなら騎手は要らないのでは?と思ってしまいます。

馬が自由に走るだけでよければドッグレースのように空馬を走らせればいいわけですし、それでは危険だから騎手が制御役として鞍上に乗るのだと思うのに・・・。

本当に今回は残念なレースとなってしまいました。

とある騎手があるインタビューで言った言葉ですが「馬は頑張ってるよ」

そう、馬はいつだって期待に応えようと一生懸命に走っているだけなのです。

その馬の頑張りを、騎手が台無しにすることだけはあってはならないと思うのです。

今回の一件でも、どうしても騎手とセットでレーヌミノルも見られてしまいますから。

今後もレーヌミノルが走る限り、私は応援するからね!ときっと伝わらないけど思っています。