読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬好きのひとりごと

日々の小さな幸せを探しながら綴ります

うらやましい能力

私には超絶苦手なことがある。

それはいわゆる「手芸」と呼ばれる類のもの。

手仕事全般が苦手ではあるのですが、その中でも筆頭で苦手宣言できるのが「裁縫」である。

皆さん口をそろえてミシンを使えば簡単、と言いますが、それは出来る人が言うことであって、裁縫が苦手な者からすればミシンであろうと手縫いであろうと出来ないの。

特にミシンなんて、なぜ真っ直ぐ縫えるのですか?のレベルですよ。

変なところに力が入っているから真っ直ぐ行かないのでしょうが、力を抜いても入れてもやっぱり真っ直ぐ行かないものは真っ直ぐ行かないのです。

出来る人はその光景をそれはもう不思議な生物でも見るかのように見つめてきますけどね・・・。

なので、裁縫をせねばならない必要に迫られた時には、私は手縫いを選びます。

根気のいる作業は結構好きです。

なかなか進まなくても、ちまちま進めれば私でも真っ直ぐに縫える、それが手縫いなのです。

高度な縫い方はもちろんできませんので、ちくちく波縫い一本ですが。笑。

苦手ならやらなければいいとお思いでしょうが、やった方が安上がりなことってありますでしょう?

例えば、衣服の裾がほつれた、クローゼットだけでは足りないのでハンガーラックを使ってはいるけど埃よけのカバーを付けたい、目隠し&埃よけでオープンラックに会うサロンカーテン?を取り付けたいとか、ね。

ミンネなんかの手仕事雑貨を見ていると本当に惚れ惚れする出来で(当たり前だけど)その能力の一部でも私にあれば・・・と思うのですよね~。

その代わりと言っては何だけど、あまり繊細さの要求されない工作とかは大好きなんです。センスはあまりないけど、とりあえず楽しい。笑。

手芸の部類でも唯一出来るのは鉤針編みですが、これの場合、ちまちまやるのは好きだけど、目を数える作業が大っ嫌いなんですよね~。

なので大物は無理。

数えていく工程に飽きてしまいます。

 

私が次に生まれ変わるなら、手仕事のできる人間に生まれたい。

人間ならば、ですけれど。

ゴムゴムの実に「裁縫達人」の能力があるなら、真剣に探したい今日この頃。苦笑。