馬好きのひとりごと

日々の小さな幸せを探しながら綴ります

復活!

今さらですが、骨折明けの復帰レースでオジュウチョウサンが見事勝利しました!

いやぁ、最後の直線では、骨折明けの復帰レースとは思えない圧巻の走りでした。

雨が降りしきる中、重馬場での開催となった東京ハイジャンプ

ただでさえ芝は滑りやすいのに、障害を飛越しながら走らねばならない障害レースですからね。みんな無事でゴールに帰っておいでと祈りつつ、レース終了まで待ち、結果を確かめてからレース映像については確認しました。

しかし、レース結果を知っていてもね、レース映像を見ながら何度ハラハラしたことか。

騎手のインタビューで、飛越の際に何度か引っかかったので・・・と知っていたにもかかわらず、着地で転ぶんじゃないかとそれはもう気が気ではなかったですよ。

このレース、タマモプラネットが一時は20馬身くらい他馬を突き放すような大逃げを打ってきたので、焦ってペースを上げては崩れるし、だからといって離れすぎても逃げ切られるかもしれない、というまさに手に汗握るレースとなり、オジュウチョウサンの強さを改めて感じる一戦でした。

それにしても、いつものペースを守りエスコートしてくれた石神騎手も見事でした~。

そして、行ってよし!の合図の鞭一発、ぐんぐん加速していくオジュウチョウサンの強さがね、もう無敵です。

ステゴが得意の馬場であったとしても、他馬がそれいけがんばれと鞭で何度も叱咤激励されている中、合図の鞭以外はノーステッキでゴールを駆け抜けましたからね~。

ホントに強い。

この一言に尽きます。

平場の4000mがあればなぁ~、ぶっちぎりで勝てると思う。笑。

とにもかくにも足元の悪い馬場での障害レース開催ながら、全馬全騎手が無事だったので、晴れやかな気持ちでオジュウチョウサンの勝利に、心からオメデトウの言葉を送ることができました。

みんなお疲れ様でした^^