馬好きのひとりごと

日々の小さな幸せを探しながら綴ります

愛すべき子たちが・・・馬のはなしです。

引退・・・。

大好きなシルバーステートが引退しました。

今さらですが、去年の話です・・・。

屈腱炎は一度発症すると、必ず再発すると言われている競走馬にとっては最も厄介な故障です。

最も愛すべきココロノアイの引退理由も、これでした。

シルバーステートは一度、屈腱炎を長き療養とリハビリの末に克服して復帰を果たしましたましたが、今度は前回とは反対の脚に屈腱炎を発症し、再度の治療に踏み切りるも、、、ある程度の予想はしていたけれど、やはり長い治療に時間を費やすよりもということで種牡馬へ転向になりました。

連勝を重ねているとはいえ、オープンでしか勝ったことのない馬がこうして種牡馬に慣れただけれも幸せなのだけれどね。

本当に良かった。

 

そして、過日ブログに書いておりました、レインボーラインも引退が決まりました。

靭帯を痛めていたので、こちらもある程度は予測していましたが、切ないね。

G1挑戦10回、その10回目にしてようやくG1制覇を果たしたレインボーライン。最初で最後の戴冠式に記念の写真が無いのはホントに悲しいけれど、命があったのだから両手を上げて万歳しようと思います。

おめでとう、レインボーライン

傷が癒えたら、種牡馬としてのお仕事が待っているからね。

今度はステイゴールドの子供として、強い子を残してくれると信じて待ちます。貴方の勝負根性があれば、きっと強い子がたくさん出ることでしょう。

 

それにしても、どんな呪いで私の愛すべき子たちがこうも次々と、若くして引退せねばならぬのか・・・泣。

せめてもの救いは、誰ひとり命を落とすことなく第二の馬生に進めていることでしょうか。

 

現役組もいるけれど、リリーノーブル(3牝)軽度骨折により休養、エアスピネル(5牡)疲労のため長期休養・・・。

もちろん現役で走ってる子等もいるけれど、お気に入り馬が一頭、また一頭と減ってるのがなぁ(тДт;

 そして、走っている子等はなぜかどんどん成績落としてるの・・・私のせいかな?

そうでないと思いたい・・・焦。

 

 今週は期待のステゴ産駒インディチャンプが走ります。惜敗が続いているから、今度こそ!

どうか勝てますように。

何よりも無事に帰っておいで~。