馬好きのひとりごと

日々の小さな幸せを探しながら綴ります

憧れの人々

珍しく馬以外で己の心情やなんかを吐露してみる。

 

最近よく目につく(私が気にしているからだと思いますが)脱サラして〇〇始めました、というもの。

 

私にもいろんな憧れは、未だにある。

否、むしろ今になってより強くなってきたような気がする。

 

振り返れば二十代。人生に特に野望を抱くわけでもなく、みんながやってるから、と前に倣う感じで普通に就職。

女が働くなら事務じゃないの?と何の迷いもなく事務職に就き、今で言う地場の黒い企業で働いてみたが、あまりにも事務を奴隷のように扱う体制に嫌気とやりがいの無さを感じ二十代後半で転職を試みる。

いわゆるアラサーでの転職活動は、不景気も相まって結構てこずる。

ま、当たり前だよね~。

ただただ誰にでもやれそうな事務職しかやってきてないんだもん。

それでも半年程度で再就職は出来た。

でも、この半年の恐ろしい無給期間が私の中に安定志向を育む結果となる。

 

30十代、アラサーでようやく就職できたこともあり、ここが最後の住処だなぁと思いながら働く。

幸いにも前職よりはやりがいもあり、いろいろと任せてもらえるので事務だけど、そこそこ専門知識も身に付き、それ相応の苦労や負担もあったけど、楽しかった。

しかし、会長が老齢によるキ〇ガイ気質を発症。いわゆる人間不信、過去の栄光をやたらと語る、などなど欲というのか自我が強くなりすぎて、最後にはとうとうまさかの専務を解雇するという衝撃事件発生。。。

確かに専務は調子の良い人で、基本的には働かない人でしたが、いざとなると頭の回転は速いし営業も経理も出来、盾にもなってくれる気質の人で、上司としては申し分なかった。

そんなお方が私の前から突如いなくなった衝撃たるや。。。いささか人間不信に陥ったのは言うまでもない。

国民的スター〇MAPの3人が事務所を辞めた時、なんかすごく、勝手に共感したもんな~。

ということもあり、アラフォー目前に耐えがたくなって退職。

 

当然ながら二十代でも苦労したのだから三十代での再就職は尚更手こずる。。。

それでも1年以内に再就職するが、前回よりも長い無給期間体験が更なる安定志向を私の中に育む結果となる。

 

もうこの歳だから、と勝手に自分の限界を決めて、一歩を踏み出す勇気がなかった。

結果、なんだかよくわからないけど平々凡々と生き、旅行で各地を訪れることだけが楽しみになり現在に至るわけです。

 

気づけばとうとう四十路に突入。

こんな人生で良いのだろうか。。。と「〇〇始めました」記事を見るたびに思うのです。

フリーランスで生きている方たちへの尊敬と羨望が、私の中で日増しに強くなっていくのです。

もちろん、フリーランスだからこその悩みや苦労が、日々守られサラリーで生きている私には無いことがたくさんだあるのだとは思う。

それでも「自分の力だけで生きている充実感」は、今の私には全く無いものなのです。

 

無い物ねだり、とはよく言ったものですが、今日死ぬとしても「後悔は無いかな」と思えるのは憧れの人々、フリーランス(自営業含む)の方々により多いと思うのです。

 

でも、、、だからと言って私は何をしたいのだろう?

 

漠然とカフェをしたい、と思っても「どんなカフェ?何を食べさせる?」となると迷路に迷い込み、barをしたい、パン屋になりたい、と思っても同じく迷路に。。。

 (食い意地張っているから思いつくのが食べモノばかりだな。笑)

まずはその目標が必要だな~。←多分、これが踏み出せない最大の足枷なんだろう、と最近になって分かってきました。

とりあえずやってみる。やってみてから考える。失敗したら考える。

恐らく、フリーで生きていくために最も必要なことは、この思考なのだろう。

 

一歩、先ずはやってみる。

 

私にできるだろうか。。。

 

とりあえず、フリーに近づくために「〇〇やってみたい、〇〇行きたい、を実行すること」を今年残り少ない月日で実践しよう。

さすがにいきなりカフェを始めたりは無理だけど「乗馬を始めたかった」「〇〇に旅したかった」くらいは始められる。

その「やってみた」「行ってみた」の積み重ねだけでも、何かが変わるのではないだろうか、と淡い期待を抱く私なのだ。。。

 

そう、先ずはやってみる!