読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬好きのひとりごと

日々の小さな幸せを探しながら綴ります

なんともなかった

愛猫の首のしこりの件で、ようやく動物病院を受診させました。

結果、なんともなかったよ~♪

良かった良かった。ほっと一安心。

今年で11歳になりますので、何かと出てくる年頃だもんね、今後も変化を注意深く見守りたいと思います。

 

何事もなく済んだので、どうでも良い猫の受診話を少し。

 

歩いて数分の近所に動物病院があるのですが、先代となる愛犬の頃からお世話になっている先生の方が受診料も安く、親身に話を聞いて下さるので、猫の負担を考えると近場のほうがと思いつつも、車で20分の動物病院へと向かいました。

そこには既に2度、避妊手術と顎下に原因不明のハゲが出来た際に、愛猫はお世話になっているのですが、ハゲで受診したのが最後でおおよそ7年ぶりの来院では動物病院のことを覚えているはずもなく「車に乗せてどこに連れて行くんだコノヤロウ」状態の道中でございました。

気に入らないときに、それはもうびっくりするくらいの大きな声で鳴くんだけれど(近所でも有名・・・ご近所さん、本当にごめんなさい。苦笑)その声量で鳴き続けてましたとも。

「ああ、うるさい。アンタのための受診なのよ」と言ったところで通じるはずもなく、到着するまで鳴きつづけてました・・・。

なんとか到着し、逃げて轢かれでもしたら困るので、散歩ヒモをしっかりつけて病院の受付へ。

そわそわしながらも、幸い待ち人がいなかったのですぐに診察室へ。

診察台に乗せるだけでも大パニック・・・。なんとか乗せて、体重を確認。

しこりはここですと先生に診てもらいたいのだけれど、精一杯の抵抗を見せ、シャーッとかフーッとか言ってました。

が、なんだかんだで2分もしないうちに大人しくなり、歳のせいか?緊張のあまり動けなくなったのか?いずれにしても無事受診完了。

先生の診断は「首輪が当たっている位置でもあるし、触った感じからも、分かりやすく言うとペンダコみたいなものですね」とホワイトボードに図を描いてくれ、さらに説明してくださいました。

「頻繁に圧がかかったりすると、そこを強くしようと皮膚が厚くなっていくので、それに近い状態」だそうです。

ものすごーく心当たりがある・・・。

愛猫は、完全なる家猫。但し、一日中家ではストレスも溜まるだろうから、と日中は長めの紐で結んで逃げられない状態での自由を許しております。

飼い犬が庭である程度の自由を許されているのと似たような感じでしょうか。

猫でそれをするのは、高いところに登れたり、他の猫から喧嘩を吹っかけられたりなどを考えるとあまり好ましくはないと言われる方もいますが、離せば車に轢かれたり、病気をもらったり、ご近所で悪さをする(糞問題)などリスクのほうが跳ね上がると思うので、ヒモで繋いでちょっとだけ自由、のほうが身の危険は明らかに低いと思うので、私はこれを変える気は微塵もないのですが、最初にこれを始めた時はコンクリートブロックに紐を括りつけていたんですよね~。

そうしましたところ、力自慢の愛猫はそのブロックをズルズルと引っ張りながら移動をしてまして・・・(マンガのような話ですがホントなんです)紐を引っ張れば遠くに行ける、と思っている節があり、何かと引っ張る癖がしばらく抜けなかったんです。

今では引っ張っても動かないフェンスにヒモを結び、愛猫自身も引っ張ってもどうにもならないことを学習しましたので、以前ほどの引っ張り癖はなくなりましたが、興奮するとまだやっちゃうので、そういう積み重ねがタコを作っちゃったのかなぁと。

とりあえず、今はただのタコですが、ずっと刺激が続くとガン化することもあるそうなので、要観察は続けていきますが、引っ張り癖がこんな事態になるとは・・・。

驚きでした。

でも、驚きはこれだけで終わらず、なんと受診料が無料だった(・。・;

「特に処置はしていませんから」という理由でしたが、処置はしていなくともしっかり診察と相談には乗ってくれましたのでさすがに無料は、と言いましたが「大丈夫ですよ~」と、受付のお姉さんは笑顔。

いつもこんな感じなんだけど。人が良すぎる先生が健在だった。

私としてはすごく助かるけど、大丈夫なのかと心配になる。

入院してもすごく安いし、避妊手術の時に抜糸に行っても消毒用軟膏代だけだったり、とにかく今時の設備充実キラッキラした動物病院とは違う昭和の良き精神を残しつつ動物を見てくれるとても素敵な先生なのでした。

また何かありましたらよろしくお願いいたします、とお礼を言って帰ってきましたが、愛猫も帰りは少し慣れたのか、家に帰れるという自信があったのか、大人しく車に乗っておりました(^^)

めでたしめでたし。