馬好きのひとりごと

日々の小さな幸せを探しながら綴ります

エアスピネル

今週末はエアスピネルの6度目のG1挑戦です。

今度こそ、悲願のG1制覇を狙うに十分の力を付けてきたし、鞍上も武さんだし、と楽しみにしておりました。

しかし、なんということでしょう、あれだけ落馬とは無縁の武さんが、まさかの調教中に落馬負傷・・・。

今週末は馬に乗れる、ということですが、当然ながらエアスピネルへの騎乗は消えました。

ギリギリまで発表は控えられておりましたが、先週の内に乗り替わりは決まっていたようですね。

これについては、乗れる状態なら武さんで良いじゃないか、といった意見が多く上がっていますし、私自身も「エアスピネルの悲願のG1制覇は武さんと共に!」と思っていただけに残念でなりません。

なにより、今回のエアスピネルの騎乗は偶然にも空いていた「ムーア様」というのがなぁ・・・。

嬉しいですよ、もちろん。

世界的にも有名な一流ジョッキーに乗っていただけるんですから。

でもね、こういうジョッキーが騎乗して、勝った時のことを思うと嬉しくないのよ。

なぜなら、エアスピネルの評価より騎手が大きく取り上げられるから。

エアスピネルライアン・ムーアでG1制覇!」みたいなのが、嫌なの。

ムーアだから勝てたみたいな見出しが容易に想像できるじゃない。

エアスピネルファンが一番嫌がっているのが、これだと思うの。

エアスピネル悲願のG1制覇!武豊と共に!」ならば、今までのコンビでようやく勝ち取ったんだなぁ、と感慨深いものがあるんだけど、ポッと出てきて乗った騎手で勝てたじゃん、みたいなことにあるとさ~。エアスピネルにも、武さんにもケチが付く感じがするでしょ。

なんで、よりによってエアスピネルの騎乗の前に・・・泣。

キタサンには悪いけど、負傷がマイルの後ならよかったのに・・・。

ムーア様騎乗で、過剰に人気になるのも嫌だし。

 

しかしながら、陣営の判断も理解できるんです、とても。

だってさ「乗れるようになりました」って、騎手側から言われても「本当に大丈夫?」って聞きたくなるのが正直なところでしょ。

特にエアスピネルはG1を勝てる馬、そう言われながら、なかなか勝てずに今回6度目の挑戦なんだもの。

そんな折、偶然にも一流騎手が空いており「騎乗していいよ」と言ってくれたのならば、エアスピネル良く知っているとはいえ負傷明けの継続コンビより、前者を優先するという陣営の判断は間違ってはいない。むしろ正しい判断でしょ。

そもそもファンがどうこう口を出す問題でもないですから。

 

とにかく私はスピ君が勝ってくれたらそれでいいかな、と。笑。

ただ、悩ましいことに今回のレースはもう1頭大好きなレーヌミノル嬢も出走するんですよね~。

なので、個人的には、スピ君にはもちろん悲願のG1制覇を成し遂げては欲しいのだけれど、鞍上が武さんじゃないのなら、最強紳士和田様エスコートのレーヌミノル嬢に勝ってほしいなぁ、なんて都合の良い事を考えております。

三歳牝馬のレーヌ嬢にとっては初の古馬との戦いと言うだけでも厳しいのに、さらに牝牡混合戦ですから簡単に勝てるはずもないけれど、それでも可能性は0ではないはず。

何はともあれ、スピ君もレーヌ嬢も、まずは怪我をせず無事に走る終えてくれたら良いか~。