馬好きのひとりごと

日々の小さな幸せを探しながら綴ります

馬の温泉@福島県

今さらですが、ココロノアイに会いたいがため、福島にある競走馬の療養施設「馬の温泉」(現;競走馬リハビリテーションセンター)へ突撃弾丸ツアーを実施した話をします!と書いたまま忘れていたことに気づきました・・・。かれこれ2年くらいなるかな、笑。

なので、思い出したついでに少しだけ当時の記憶を呼び起こし、書いてみます。

 

競馬をはじめて約半年の私でしたが、とにかくココロノアイ愛が止まりませんで(苦笑)、とにかく会いたい!何とかして会いたい!次はどこで走るのか!?比較的休みやすい夏に走ってはくれないものだろうか、とストーカーのように近況チェックをしていた矢先、オークス出走を終えた大好きなココロノアイに骨折が判明しました。

その事実を知った私の衝撃は、何と表現していいものやら。

とにかく大騒ぎしておりましたので、職場の競馬仲間から、それはもう生暖かい視線で見守っていただきましたとも。笑。

どうしよう!もう会えないかも!!と嘆いていた私のもとに、ココロノアイが見学可能な福島の馬の温泉に入厩しているという情報が!

骨折と言っても幸いにも軽い様子、そう長いこと温泉でリハビリなんてことはしないだろうとやきもきしつつも、とにかく会いたい!の一心でそこから1ヶ月のスピードで九州くんだりから福島までの旅券を手配しました。

飛行機に、特急電車、ホテルにレンタカーまでを(出来うる限り節約しながら←ここ肝心)自分でも驚くほどの行動力をみせた私・・・仕事には全く発揮されないスピード感と使命感をここぞとばかりに発揮してみました。笑。

しかし、福島って思っていたより遠いのね。

節約のために特急を使わずに、なんて考えましたがとんでもなく時間がかかるのであっさり特急利用に変えました。その分、宿を節約したのでラブホを改装したビジネスホテルになりましたけどね。(おかげで風呂がめっちゃ広かった~笑。)

 

無駄話はこの辺にして、お目当てのココロノアイにはもちろん会えましたぁぁぁぁぁ!

馬の温泉は日曜が見学できなかったので月曜、火曜の2日間で通いましたが、わざわざ九州から馬の温泉のためだけにやってきて、長い昼休みを挟んでの朝、昼の見学にしっかり全て顔を出すような物好きなので、すっかり若い獣医さんに覚えられてしまいました。てへっ。

しかも担当のお兄さん(馬の状態を把握しやすくするために担当が決められ、入厩したらずっとお世話をするのだそう)の「触っていいですよ~」というありがたいお言葉に、アイちゃんに触れられましたの~(*^^)♪

現役の競走馬に触れるなんて、ただの一競馬ファンには絶対できない体験をさせていただきました♥

お口の柔らかいお肉をプニプニさせてもらえたなんて、まさに夢の時間・・・。

写真もどうぞ、と仰るので遠慮なくツーショット(正確には担当のお兄さんとスリーショット)させてもらったの~。

もうねぇ、天にも昇る気持ち。

本当に本当に来てよかった!って心底思いました。

馬場調教も見せてもらえたし、温泉に入ってうとうとするアイちゃん、それを一緒に待ちながらうとうとするお兄さん、という癒し風景も見れたし、大満足でした。

この時には、まさかこの後1年で屈腱炎を発症して引退することになろうとは思ってもいないので「好きな子には会えるうちに会っておかなきゃダメ!」という競馬ファンの中では有名な格言を思い知ることになり、本当に行って良かったです。

しかも、行ったタイミングも本当にギリギリだったようで、会いに行った翌週にアイちゃんは馬の温泉を退厩しました。

なんだかいろんな幸運が重なって会えたんだなぁ、と改めて思う今日この頃。

 

f:id:lovettel05:20180403170826j:plain

馬の温泉オリジナル、温泉メンコを被り馬場でのリハビリ調教を終えたアイちゃん。 

 

 f:id:lovettel05:20180403170840j:plain

幸運の蹄鉄。九州からわざわざ行ったからなのか、日に2度も、しかも二日連続でやって来た物好きだからなのか、お土産にといただきました。

この蹄鉄の幸運なのか、人身事故で電車が止まったにもかかわらず、帰りの飛行機には間一髪間に合いました。^^