馬好きのひとりごと

日々の小さな幸せを探しながら綴ります

そろそろ近づく秋競馬

暦の上では秋ですが、まだまだ日中は猛烈に蒸し暑い日が続いていますね。

私の住む地域も、その例に漏れることなく蒸し暑いです。

それでも猛烈に暑かった夏真っ盛りよりはずっとマシです。

とりあえず日陰に逃げればそこそこ涼しいし、夜は九時を過ぎないとまだ暑いけど扇風機があればそこそこ快適だし、何よりも朝が涼しい!

これだけで、気分的にも体力的にもかなり違います。

 

そんな前置きはさておき、秋の虫の音が本格的に聞こえ始めると秋競馬、始まりますね♪

 

私の好きな馬の中で、先陣を切ってレースへと復帰するのは・・・「フィニフティ」。9月8日の紫苑Sに出走予定です(*^^*)

 

小さな体の女の子。競走馬の一般的は体重が450~500kgというなかで、彼女のデビュー時の馬体重は428㎏。そこからレースを使うごとに馬体重が減っていき・・・桜花賞当日にはとうとう420㎏まで減ってしまいました・・・。

しかし、フィニフティは小柄な体型ながら馬群で揉まれても決してレースを諦めない勝負根性の持ち主です。これは競走馬に最も必要な要素だと思うのですが、彼女はそれを持ち合わせています!

桜花賞では二桁着順でしたけど、隣の馬があんなに寄せてこなければ、もう少し上の着順にはなっていたはずなんですよね~。寄せてきた馬は4着に食い込んでますし、フィニフティも持続性のある末脚は持っているので、今思い出しても本当に悔しいっっ!

小さいので、さすがに寄せられると当たり負けしちゃうんですよね。無理して怪我しては元も子もないですし。。。

 

同レースに登録している面々を見ると、なかなかの強敵が揃っておりますが、夏をしっかりと休養にあてた彼女が、少したくましくなって戻ってくるといいな~と願っております。